キャッチフレーズを考える場合、季節感や心に響くフレーズを心がけましょう。食品スーパーの場合を書き出してみます。「限定品! HOTな気持ち」「ズバリ! 期間限定」「お一人様1点限り」「徹底値下げ!」「びっくり得の市」「感謝を込めて全店合同感謝セール」「やすさが一番」「冷凍食品 半額」「全品30%OFF」「青果99円均一」「キャンペーン!」「秋の味覚はやどり特集」「北海道フェア」「あったか鍋」「からだに優しい三浦屋てづくり惣菜」「毎日のメニューに大活躍」また、季節感を表す言葉というのはとてもキャッチコピーに取り入れてほしいものです。人は季節感を表す言葉にとても反応します。春は桜、5月には菖蒲、初夏のあじさいといったお花や、真夏のかき氷、うちわ、風鈴といったものもいいと思います。季節感を表す言葉を聞いただけで、心がふわっと軽くなります。季節感を表現するのは、チラシをもらった人たちを歓迎していると同じことです。どんどん使いましょう。イベントを取り込むというのもチラシデザインには大切なことです。季節ごと、月ごとの特徴が出ます。3月の特別セールと書くよりも、桜まつり特別セールとした方が心に響くからです。事実を客観的に伝えるより、感情や情緒に訴えることが共感につながりまs.1月「正月」「初春」「初夢」「初日の出」「新年会」「鏡開き」「おせち料理」「七草がゆ」「書き初め」「冬休み」「成人の日」「餅つき」「初売り」「初春」「開運」「お年玉」「お楽しみ福袋」「お雑煮」「買初め」「初荷」「新成人」「受験生」「合格最前線」「きもの」「日本の正月」「あったか温野菜」「ハートフル」「冬のあったかグッズ」「あけましておめでとうございます」他